TOP >  にきび跡について  >  にきび跡治療法

にきび跡治療法

スポンサードリンク

これまで、にきび治療は飲み薬や塗り薬での治療が行われてきました。しかし、効果ははっきりと表われにくく、しかも長期にわたることが問題となっていました。ケミカルピーリングの登場によって、かなり短期間でニキビ治療が可能となりましたが、現在は医療レーザー治療を行うことにより、さらに短期間で、しかもケミカルピーリングが受けられない敏感肌の方でも治療を受けられるほど高性能の光治療が行われています。
医療レーザー治療といっても、様々な機種があり、患部の症状によって使い分ける必要がありますが、主にニキビの炎症のもととなる原因菌に働きかけ、殺菌する作用を持つレーザー光線を当てるだけの治療法です。この光線は、皮フのほかの組織にダメージを与えることはないので、内服剤のように副作用の心配はありません。また、白にきび、黒にきび には、細菌の増殖を予防する効果を発揮しますし、赤にきび(炎症性のニキビ)には炎症を沈静させる効果があります。

  

関連エントリー

TOP >  にきび跡について  >  にきび跡治療法